どうやって使うのか | アジー1000mgがあれば感染症も怖くない!常備薬にいかがですか

アジー1000mgがあれば感染症も怖くない!常備薬にいかがですか

どうやって使うのか

2色の錠剤

アジー1000mgを使うとき、自分で使うなら悩まずに使えるけれどペットに使うときはどのようにして使うのか、わからない人もいるのではないでしょうか。
効果の高い抗生物質であるアジーですが、人間も使える薬をペットに使う場合、そのまま使ってしまうとペットにとって効果が強くなってしまうのでは?と不安な人もいるはずです。
人間がアジーを使うときに正しい使い方があるように、ペットに対してアジーを使うときも正しい使い方が存在します。
アジー1000mgの効果を正しく得るためにも、ペットにアジーを使うときの使い方をしっかり覚えておきましょう。

アジー1000mgは犬に対して使う場合、体重1kgに対し、5から10mgを経口投与します。
投与するのは1日1回で、7日間与える必要があるので、アジーを使うことになったときは7日間しっかりとアジーを飲ませましょう。
猫に対して使用する場合、体重1kgに対し、5から15mgを同じように経口投与し、12時間から24時間ごとに7日間まで飲ませる必要があります。
このように、アジーは犬に対して使う場合と、猫に対して使う場合で使用方法が変化してくるので注意しましょう。

アジーは症状や投与してからの経過によって使用する期間が変化してきます。
そのため、アジーを使ってペットの感染症を治療する場合、かかりつけの獣医師にも相談しながら、様子を見てアジーを使っていきましょう。
もし、アジーを飲ませてから何らかの症状が出たときは、速やかに動物病院へ連れていきましょう。